クラッカー

スクール日記
05 /20 2014
 クラッカー

 私がクラックに取りついているとたまに珍しがられますが、インストラクターですから一通り登れます(笑)
クラックは近年人気が出てるような風潮があるように囁かれますが、フェースに比べるとやはりマイナーですよね・・・
今の時代的には、ちょっとマニアック的?な感覚があるかもしれません
私の周りでクラックを習いたいとする希望者方は、主にアルパイン・マルチピッチ系クライミングの為にクラックを練習しなければならないと考えている方が7~8割。2~3割がシングル(1ピッチ)クライミング で上達したい方ですかねー
全体的には若い人達より、年輩の方がたが割合としては多い感じです

クライミング界全体を見ると、10~30代はボルダリングが人気で、
40~70代はロープを付けたクライミングを楽しむ割合が多くなります
まぁ 身体的な事を考えると、歳を重ねていくとボルダーの地面着地は、きついものがありますから
私は、外では9割以上はロープ付けたクライミングです 
高さがあるボルダーなんかは時と場合によってはトップロープでやる事もありますね(笑)

 インドアジムでもハンドジャムやフットジャムを練習し“コツ”をつかむ事は出来る
その“コツ”とは・・・    
P2014_0421_165436.jpg
 城ヶ崎での一コマ
腰を据えてクラックに取り組むときは、まずはテーピング巻きから始まる 
慣れないうちはなかなかキレイに巻けない・・・! これも場数です
P2014_0426_101917.jpg
 クラックではメジャーな、城ヶ崎ファミリーエリア
ここは、日陰で海風が巻きこむから5月でも全然登れる城ヶ崎で一番涼しい場所
人気の三ッ星クラックに指とつま先を、ねじ込む講習生
細いフィンガークラックは、インドアジムでは、なかなか練習できない分岩場で実践し覚えていくのが良い
特にボルダリングジムでは、クラックの練習壁など無いですから・・・
P2014_0426_141731.jpg
 クラック&フェースの混合ルートはムーブが単調にならず、変化があるから登っていて楽しいものだ 
P2014_0426_142747.jpg
スポンサーサイト

勝井 武志

1971年7月17日 生まれ(45歳) 
AB型
千葉県在住
日本各地の岩場でクライミングを実施
 岩場における
 O.Sグレード 5.12d
 R.Pグレード 5.14a
 ボルダーグレード 三段

経歴・資格
社団法人日本山岳ガイド協会認定
フリークライミングインストラクター
(シングルピッチ・マルチピッチ)資格。
奥多摩クライミング委員会。
北海道十勝クライミングジムルートセット契約スタッフ。
T-Wall、エナジーのスクール講師を経験。



趣味 ルアーフィッシング(海・川・湖)

連絡先
メイン連絡先⇒ t_katsui_717@docomo.ne.jp(携帯)
サブ連絡先⇒ tkclimb07@yahoo.co.jp(PC)
 
090-2482-3043(携帯電話)