教え子たち

 教え子たち 

 私が、この子達たちの年頃の時、ある武道の道を歩んでいました!
そのころは、道場の先生になって教える立場になることを夢見ていましたが、
今はクライミングを教える仕事をしている。
思春期のころってのは心が繊細。心無い言葉を言おうものなら、深く心に突き刺さり、大人になっても胸の奥に突き刺さっているものだ。
だからこそ、“言葉”は、選ばなくてはいけないし、自分の“言葉”には責任を持たないといけない。
武道のころは、よく、平常心とは?正義とは? などなど・・・ 道徳的なこと哲学的なことについてを教わることもあり、休憩時間も道場の壁に背をもたれる事もしてはいけない事だった。
今思えば厳しかったが、多くの大切なことを大人たちに教えてもらっていた。
若かりしその当時は重い言葉もあったが、今となってもその厳しい言葉を思い出し気を引き締めることがある。

クライミングって、とてもラフで自由。あまり縛られることもない。
クライミングジムも時代と共に、お遊び的レジャー化の方向性に向かっている。
今は子供たちも増えて接する機会が多々あるが、上手な登りをしても“あいさつ”が出来ないというか、しない子たちが多いことに残念さを感じることがある。
クライミングが上手いことより、しっかり“あいさつ”が出来るほうが、人としては大切。と、思っている私は(ちょっとお堅いか・・・
子供たちを教えるとき、クライミングを教えるのはもちろんなのだが、一番心に置いていることは、
クライミングというものを使って、生きていく上で大切なことを伝えていくこと。

言うべきことがあるときは、“親愛” から発する言葉で伝える!
その言葉が彼らを成長させていくと信じて 
P2013_0809_192454.jpg

 ルートを登る前、下見を真剣におこなう事が大切。 イメージする力を付けよう!
P2013_0809_192209.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

勝井 武志

Author:勝井 武志
1971年7月17日 生まれ(45歳) 
AB型
千葉県在住
日本各地の岩場でクライミングを実施
 岩場における
 O.Sグレード 5.12d
 R.Pグレード 5.14a
 ボルダーグレード 三段

経歴・資格
社団法人日本山岳ガイド協会認定
フリークライミングインストラクター
(シングルピッチ・マルチピッチ)資格。
奥多摩クライミング委員会。
北海道十勝クライミングジムルートセット契約スタッフ。
T-Wall、エナジーのスクール講師を経験。



趣味 ルアーフィッシング(海・川・湖)

連絡先
メイン連絡先⇒ t_katsui_717@docomo.ne.jp(携帯)
サブ連絡先⇒ tkclimb07@yahoo.co.jp(PC)
 
090-2482-3043(携帯電話)

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム