急ぎすぎる風潮

世の中
時間の流れがとても早く感じます。
その事に、僕自身
いつも戸惑いを感じています…。

クライミングの世界もレベルが急速に上がり、
ついていかなくては、とか、
早く上手くならなければとか、強迫観念のような
そんな焦りの風潮が、
クライミングの世界には、
特にあるように感じます。

それにともない、
クライミングジムや岩場では、
危険なビレイや、行為が
目立つようになりました。

一番大切な事は、何なのかに気づき 真剣に考えている人が少なく感じます。


言葉を変えて例えてみると
車の免許を取得し、
路上で運転をするとき、早く運転が上手くなりたい!
と思うより、
事故を起こしたくない!と慎重な心を持っているはず。
それは、運転の失敗が重傷のケガや命に関わる事に直結する事を知っているから。

要するに、事故を起こさないことが一番だと気づいているからです。
初めのうちは怖いから慎重になる。
しかし、半年、1年と経ち、
慣れが生まれた頃に…
事故をやってしまうものです。

一番大切な事は事故やケガをしないこと!

クライミングも一緒。
焦っちゃダメです。
早くグレードを上げようとか、
早く…早く… と急ぎすぎず、
まずはしっかりと、
地道に下地作りとして、強い身体を作りながら
クライミングと言うものを理解し、
一番大切な事は、いかに安全を作り事故やケガをなくして楽しむか!

その為の、正しい知識と学びは大切です。

車の運転は教習所で学びますが、
クライミングは
どこでどの様に学んできましたか??
そこで何を学びましたか??
教えられた事をきちんと、忘れずに実践していますか??

先を急ぐあまり、
初心を忘れていませんか?


アクセルを吹かし続ける飛ばし運転ではなくて、余裕を持った安全運転でブレーキを踏む事も忘れずに!です
スポンサーサイト

プロフィール

勝井 武志

Author:勝井 武志
1971年7月17日 生まれ(45歳) 
AB型
千葉県在住
日本各地の岩場でクライミングを実施
 岩場における
 O.Sグレード 5.12d
 R.Pグレード 5.14a
 ボルダーグレード 三段

経歴・資格
社団法人日本山岳ガイド協会認定
フリークライミングインストラクター
(シングルピッチ・マルチピッチ)資格。
奥多摩クライミング委員会。
北海道十勝クライミングジムルートセット契約スタッフ。
T-Wall、エナジーのスクール講師を経験。



趣味 ルアーフィッシング(海・川・湖)

連絡先
メイン連絡先⇒ t_katsui_717@docomo.ne.jp(携帯)
サブ連絡先⇒ tkclimb07@yahoo.co.jp(PC)
 
090-2482-3043(携帯電話)

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム