長モノ課題

ジム
12 /07 2010
   長モノ課題

 これは、ルートクライミングをやる方達の、持久力・保持耐久力トレーニングのために私が作ったファイル課題です
最近、この手の課題を、やっている人を多く見かける様になってきた 作りがいがあるというもの

ボルダー壁での長もの課題の利点は、どこにあるのか・・・
ボルダー長ものでは、必ずクライムダウンをする事になるが、実はそこがキーポイントになっている!!
 “クライムダウン” の体の使い方!!(クライムダウンはフットワークの技術や保持力もかなりアップするのだ
ロープトクライミングでクライムダウンを行うのは、危険があるため初心者にはオススメ出来ない
だが、ボルダー壁での、クライムダウンは初心者にも安全に行う事ができる
クライムダウンは、上に登って行くよりは難しくなるのだが、それは、体(筋肉)の使い方がちょっと違うのだ
このコツを手に入れれば今よりも、ぐっとクライミングレベルは上がるのである
もちろん、外ボルダリングで手数が多いプロブレムが目標になっている方も、やって無駄になることはないのですよ
ぜひ、前腕をパンパンにしてください (笑) ガンバです

北904

 こんな感じで作ってあります
最近は、長モノやる人がすごく増えた感じです やってくれる人が多いと作りがいがあります
北910
スポンサーサイト

勝井 武志

1971年7月17日 生まれ(45歳) 
AB型
千葉県在住
日本各地の岩場でクライミングを実施
 岩場における
 O.Sグレード 5.12d
 R.Pグレード 5.14a
 ボルダーグレード 三段

経歴・資格
社団法人日本山岳ガイド協会認定
フリークライミングインストラクター
(シングルピッチ・マルチピッチ)資格。
奥多摩クライミング委員会。
北海道十勝クライミングジムルートセット契約スタッフ。
T-Wall、エナジーのスクール講師を経験。



趣味 ルアーフィッシング(海・川・湖)

連絡先
メイン連絡先⇒ t_katsui_717@docomo.ne.jp(携帯)
サブ連絡先⇒ tkclimb07@yahoo.co.jp(PC)
 
090-2482-3043(携帯電話)