2012年末~2013新年にかけてスクール講習

スクール日記
01 /08 2013
 奥多摩・日向和田カーネルロック 編
 ここは、5・8~5.11bまでのルートが約10本あります!!
岩は石灰岩で、日当たりが良く日射しがあれば真冬でも講習が出来る貴重な岩場です
初級ルートがあるので、講習生のレベルに合わせて使っています
P2012_1223_101233.jpg

 二子山 編
 こんな感じで、日射しがあれば最高にいい
グループ内に晴れ男、晴れ女がいればGood 今年は2月から二子山講習開始します
P2012_1224_102345.jpg
 
 祠エリアは、昼前後の時間帯が一番日射しの当たりが強いです。
5.10~5.11のルートが揃っています! 二子好きは晴れ予報が出たらムズムズですよね(笑)
P2012_1224_113718.jpg

 河又の岩 編
 勝井スクールでは、年間を通して一番多く講習で使っている岩場です
ここも、冬でもO.Kな岩場です 
ルートは凝縮系。ここでクライミング力を磨けば強く上手くなれるはずです
P2012_1225_113936.jpg

 陽だまりエリアにて、のんびりと昼食タイム
南面で北風が入らないために、冬でも昼寝が出来るほど暖かになるので気持ちいい~のです
P2012_1225_132436.jpg

 モスグレイの岩 午後に日当たりが良くなります
ここの岩に私が設定した、超マニアックな限定ルートがあるのですが・・・
P2012_1225_133855.jpg

 お知らせ 編  
 エナジーを約6年間にわたり、週に3日間スタッフとして働いたジムを2012年限りで辞めることとなりました
なお、毎週金曜日に浦和店の壁をお借りして主催したインドア講習は引き続き行っていきます
2013年、本業の勝井クライミングスクールは、より一層充実させていくので今後ともよろしくお願いいたします
エナジーに関わる皆様、ありがとうございました!
またちょくちょくと、お顔を合わせると思います よろしくです
P2012_1228_220644.jpg

 岩場が雨ならジムで・・・ 編
 飯能、奥多摩近辺での岩場での講習が雨などの天候で出来なくなった場合、岩場から近いベースキャンプでインドア講習を行う事が多い。行くと必ずと言っていいほど知り合いがいてクライミング話で盛り上がる
P2012_1230_140145.jpg

 伊豆・城ヶ崎講習 編
 毎年恒例の、年末年始の城ヶ崎クライミングの日々を送った
城ヶ崎は、暖かくて最高だ!!!
今年は、12月30日から1月7日まで城ヶ崎に滞在。ほとんど雨はなく天気には恵まれた
やっぱりここは、いいよねー
1月28・29日あたりに、城ヶ崎講習を予定していますので、参加希望の方は連絡ください
P2013_0101_111836.jpg

 いろいろある城ヶ崎エリアの中でも最大の規模のシーサイドエリア
年末年始は、全国からやる気あるクライマーがここで新年を迎える
せっかくの、連日休みの日に寝て過ごすなんて、もったいないぜー
強い日差しの中、海をバックにバシバシ登るのみ!!!
P2012_1231_135223.jpg
 
 城ヶ崎は、溶岩が固まってできた独特な形状と触り心地がある
私のホームゲレンデの奥多摩・奥武蔵には無いものなので、城ヶ崎初日は少し違和感を感じる
ところが、2日目あたりから指先にフィットしてきて、かなり体も動きだしてくる
もともとはフリクションのいい岩質なのだから、慣れてくれば登りやすく感じる
ポケットさえ少ないが、クラックもあり、ガバやカチありで体全体を大きく使い、とても面白い大胆なクライミングが城ヶ崎の特徴である 
P2012_1231_120438.jpg

 そしてここは、海のそば
強い台風などで海が大荒れになると、岩が移動してしまうこともある
今回、強烈だったのは、私が大好きなルートの一つ“虎の穴”の取りつきにあった大きな岩が50センチほど後退しズレていたのだ
指さし写真は、移動してしまった岩
P2013_0101_143620.jpg

 城ヶ崎クライミングが初めての講習生
クライミングの概念が変わってしまうほどのインパクトがここにはある
今回の講習生もきっと忘れられない素晴らしい日々になったと思う 
P2013_0103_123429.jpg

 ムーブをいろいろと試している講習生
ジムと違って手足限定ではないのが岩場。それだけに使うホールドの選択肢が多い
岩を登り始めの方たちは、外の岩って迷ってしまって難しく感じる・・・と思ってしまう。
例えば、ジムでのボルダー課題などの手足限定は登りやすく、手足自由は迷ってしまい登りずらいと思っている方が実際に多いのだ。
一般的に人間は、仕事でもそうだが、これとこれ!ってな感じに、決められたことをやるのは実に楽だ。
仮に、好きなように自由に仕事していいよ! と言われると、精神的な窮屈さはないが意外に、どうしようかと悩み始めるのではないだろうか。
人生でもそうだが、“自由”というのは、気楽に感じるかも知れないが自分自身に責任が掛かる分、
結構難しいものなのだ。
話は、それたが 岩場はいろいろと頭も使って、お・も・し・ろ・い !!
それが言いたかったのである  
P2013_0102_111129.jpg

 城ヶ崎講習エリア 編
 講習エリア!
このルートは、通称“S字クラック”5.9 
短いが内容の詰った、好ルート
P2013_0104_112301.jpg

 S字クラック! さぁ どう攻めるか・・・出だしでオブザベし、集中する講習生  
P2013_0105_110058.jpg

 これは、出だしがマントリングのルート!! ちょっとしたボルダリングだ
マントリングした後は、垂壁をバランスで登る これもまたナイスな課題 
P2013_0105_113603.jpg

 ちょい被りを乗り越し、あとはカチを使って登る5.10bルート
P2013_0104_141803.jpg

 ごたごたろ忙しかったために、初詣はちょっと遅れてしまったが伊豆にある“来宮神社”で今年を祈願
2013年も頑張ります
P2013_0106_091727.jpg

 5.9クラック 
P2013_0106_153345.jpg

 シーサイドの大トラバース・オリジナルライン5.10a
シーサイドが空いている時に、講習生のレベルに合わせて行うロングライン
P2013_0107_153846.jpg
スポンサーサイト

勝井 武志

1971年7月17日 生まれ(45歳) 
AB型
千葉県在住
日本各地の岩場でクライミングを実施
 岩場における
 O.Sグレード 5.12d
 R.Pグレード 5.14a
 ボルダーグレード 三段

経歴・資格
社団法人日本山岳ガイド協会認定
フリークライミングインストラクター
(シングルピッチ・マルチピッチ)資格。
奥多摩クライミング委員会。
北海道十勝クライミングジムルートセット契約スタッフ。
T-Wall、エナジーのスクール講師を経験。



趣味 ルアーフィッシング(海・川・湖)

連絡先
メイン連絡先⇒ t_katsui_717@docomo.ne.jp(携帯)
サブ連絡先⇒ tkclimb07@yahoo.co.jp(PC)
 
090-2482-3043(携帯電話)